ヤマメ・イワナ・渓流 LOVE★

渓流釣りと、ヤマメ・イワナ(山女・岩魚)をこよなく愛する私たまろうが、主に東京都奥多摩川・日原川の渓流釣りを、豊富な写真で紹介しています。

魚紳さんのコーナー

釣りキチ三平、魚紳さん 「フフフ・・、三平君!!」

 

鮎川魚紳さんとは!??

 知る人ぞ知る矢口高雄作「釣りキチ三平」のレギュラーキャラであり、一平じいさん亡き後、三平君がこの世でもっとも信頼し、かつ尊敬する人です。

 渓流釣り、磯釣り、鯉釣りなどのジャンルにとらわれず、釣り方も、エサ釣り・フライ・ルアーなど、たいていの釣りはなんでもこなす。(※1)

 

 他に、魚紳さんといえば・・・!

  ○『日本一周釣り行脚』を目ざす風来坊釣り師である。

  ○普段着がフィッシングベスト。(※4)

  ○どんなときでも、余裕の笑顔。(「フフフ、三平くん!」)

  ○サングラスがよく似合う。

  ○釣り場で飲むウィスキーは当然ストレート。

  ○釣り場で出た空き缶やタバコの吸い殻を、フィールドに埋めて行くほどマナーが良い。(※5)

  ○足が長く、ジーンズが似合う。今どき、後ろのポケットに手をつっ込んでもサマになる。

  ○運動神経は抜群。

  ○フェンシングの腕前はオリンピック級。

  ○実は、親が社長で、大金持ち。

  ○早くから家を出て自立していた。

  ○甘ったれたぼんぼんが嫌いである。

  ○理由はよく分らないが、しょっちゅう海外渡航している。

  ○実は、大学で法律を学び、弁護士の資格を有している。(※2)

  ○ヘリのパイロットをしている友人がいる。

  ○平成になってからの愛車は、スバル・フォレスター(のように見える)。以前は四角い外車風だった。

  ○旅の日記代わりに、俳句をひねる風流さ。

  ○乗馬はラフなウェスタン・スタイル。

  ○クレー射撃もわりといいセンまで行った。

  ○この男、できる。

  ○釣り大会みたいなお遊びには、興味がない。(でも、サーモンダービーには参加する)

  ○できれば三平君を自分の色に染めたいと考えている。

  ○意外と、大人げない。

  ○子供には人気がある。

  ○大学の後輩からも慕われている。

  ○女性の趣味は、意外と古風。(高ピーな勘違い女はキライ)

  ○たまに女性蔑視な発言がある。(※5)

  ○なんだかんだいって、女性にモテる。

   

 ※1 しかし、なぜか、アユの友釣りだけは、見たことがない。名前が「鮎川」であるのにも関わらず、これはやや不思議である。

 ※2 平成二十一年に公開された映画版「釣りキチ三平」では、魚紳さんは「アメリカで活躍するバスプロ」という設定になっているそうだが、 これには、私個人としては違和感を覚える。「実は弁護士」「実はお金持ちの息子」などの方が、風来坊釣り師である魚紳さんのイメージとのギャップがあり、 そのような「意外性」にこそ、魚紳さんの魅力があると考えるためである。また、「バス釣り」というジャンル自体が、自然や環境の問題に敏感な「釣りキチ三平」 (というか、矢口作品全般)にマッチしていないという思いが強いためである。

 ※3 よくある間違いとして、魚紳さんのことを、「魚新」と書いてしまう、ということがあり、 IMEなどの辞書では一発で正しく変換されないことが多いので、注意が必要です。

 ※4 愛子ちゃんとデートのときは着替えないと、サカナ臭いんじゃないかと多少心配ではある。なお、一平爺さんの葬儀のときは、ちゃんと喪服を着用していたので、一安心。

 ※5 あくまで描かれた時代のせいだから、許してやってほしい。

魚紳さんの豆知識

その1 矢口高雄によると、魚紳さんは当初、一回限りの“チョイ役”として登場させただけであり、レギュラー化することまでは想定していなかったそうである。そのため、魚紳さんの風貌もきわめてオトコくさい正体不明の風来坊として、あまり深く考えずに描かれたようだ。
 ところが、思いもかけず女性読者からのファンレターが、「鮎川魚紳様」宛てに殺到したため、急きょレギュラー化が決まり、その後、特に熱心な一部の女性読者のアイデアにより、エレガントな「鮎川」という姓や、スポーツ万能、なぜか弁護士の資格を有し、理由あって家出した社長息子であるなどの、「王子様的設定」が後付けで決まると同時に、その容貌もキタナイ風来坊から、徐々に爽やかなイケメン風に「進化」して行ったのだそうである。

Copyright 2008.09.07 - 2019
"tamarou_masahi" All Rights Reserved.