ヤマメ・イワナ・渓流 LOVE★

渓流釣りと、ヤマメ・イワナ(山女・岩魚)をこよなく愛する私たまろうが、主に東京都奥多摩川・日原川の渓流釣りを、豊富な写真で紹介しています。

倉沢谷の不思議ヤマメ

(平成21年6月14日釣行)

・・・・と、いうわけで、本年(平成21年)最初の本格的な釣行は、日原川支流“倉沢谷”となりました。

実は、4月に地元の多摩川本流で竿を出したりもしたんですが、レポートに値する釣果がなかったりして。
(いわゆるボーズどころか、終日アタリすらなし!)

 

倉沢橋

倉沢橋。
東京都で、いちばん下までの距離がある橋・・・・だったと記憶してます。
しかし、樹木が生い茂っているせいで、のぞき込んでも、高度感がなく、あんまり怖くない。

 

ヤマメ・イワナ・渓流LOVE★

こちらが今年のファースト山女魚。パーマークが鮮やか。

 

ヤマメの住んでいた流れ。

 

初岩魚。小ぶりですが、超元気いい。

 

岩魚の住んでいたあたりの風景。

 

初、ちびヤマメ。尊い・・。

 

チビヤマメのいた流れ。

 

起伏に富んでますが、まだ普通に遡行できます。

 

先人が残して行ったロープを使って、降りる。
むろん、信頼しすぎないで、ロープはあくまでも補助と割り切ることが必要です。

 

なんとなく、ここにはカミサマがいるっぽい。

 

混血ヤマメ,イワナ

で、これが問題の不思議ヤマメであります。
パッと見て、いつものヤマメと違うことが分ると思います。
山のカミの悪戯なのか。ミステリーを感じます。

 

渓流釣り

不思議ヤマメの住んでいた淵。

 

不思議ちゃんの撮影に夢中になっていたら、二人づれのおじさま釣り師に追い抜かれてしまいました。。
まあ、彼らもずっと僕の後ろを遡行して来たとすれば、釣果は貧しいはずですから、ここは気持ち良く先を譲ることにしましょう。

しばらく休憩してから、いったん林道に上がって、別のポイントを探し、歩きます。
・・・・そうすると、おや、砂防ダムみたいなのが現れて来ましたよ!

歩いてみた。

 

上から見下ろす。

 

ダムの表側。
残念ながら、期待していたような、大場所はありませんでした。。

 

この辺りまで来ると、「ザ・渓流」という感じになって来ます。ときに竿をたたんで、三点支持の基本を守って、慎重に進んでいく。

 

・・・・実はこのイワナ、ぷかぷか浮いているのを、手でつかみ取ったです。
ひん死の重症なのかな?と思いきや、少しすると、ゆらゆら~と泳いで消えて行きました。
頑張れ!!

 

倉沢谷
なんとか、自分の竿でもう一尾追加したい・・・と思いながら、ここぞ!というポイントに仕掛けを投下するも、
小さなアタリがあるだけで、掛かりません。

そのうち、だんだん暗くなってきました。

午後3時20分。あまりにも不気味で、「新耳袋」的妄想があれこれ思い浮かぶようになって来たので、残念ながら、本日はこれまで。

 

帰り道の林道の様子。
お隣の“川乗り谷”よりも、多少歩きやすい感じがします。

 

渓流のごみ

「こういうの、山に捨てていくやつ、頭おかしいんじゃないの。」

 

倉沢谷の入り口。マイカー規制の理由は、ズバリ、危ないから。

 

奥多摩駅

今回、単独行で、アルコール摂取するのはあまりにもやばい感じがしたので、
奥多摩駅に帰り着いてから、ビールをやります。
無事に帰れることが、いちばんです。
飲みだしたら、この日はじめて、どしゃぶりの雨に。。

 

奥多摩駅ホーム

釣り始め:午前7時
釣り終わり:午後3時20分  ほとんど休憩なしで9時間歩きっぱなし。

※で、肝心の不思議ヤマメの正体ですが、実はこれ、イワナとヤマメの混血種なのですね。たしかに、ヤマメとイワナが半々で釣れて来る・・・という領域なので、時にそういうことが起こり得るのかもしれませんが、 神秘を感じます。

f:id:tamaroumasahi:20220415205809g:plain

渓流釣り日記 - ヤマメ・イワナ・渓流 LOVE★



Copyright 2008.09.07 - 2022
"tamarou_masahi" All Rights Reserved.